読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対にNGの婚活ファッションとは

婚活中のファッションとして考えたときに「それはちょっとナシでしょ~」っていうパターンを悪い例として紹介しておくわね。

・セクシー路線
セクシーという言葉は間違った認識を持ってはダメなのよ!
1番マズいのは、キャミソールにミニスカート、ちょっと屈んだだけで胸元が丸見えのパターン。大袈裟に書いたけど、極端なミニスカートじゃなくてもね、座った時に足を組んでチラッとその奥がのぞいて見えるようでは婚活シーンではNGよ。
セクシーな女性というのは本来すごく魅力的。でもこのセクシーさはもっと違う場面の時に相手をドキリとさせるためのテクニックとして温存しておいて! とにかく露出が多いスタイルは婚活ではとりあえず避けておきましょうね。
・ひと昔前の「イタイ」ファッション
意外と多いのがアラフォー世代の「バブルファッション」。もちろんバブル時代そのままの格好の人はいないでしょう。でも当時を彷彿させるようなジャラジャラしたアクセサリーをつけたり、見てすぐわかるようなブランドものをいくつも持っていたりつけたりね。こういうタイプは化粧法も古いまんまだったりして、周囲の男性から見るとかなりイタイ……。
・流行最先端スタイル
適度に今を取り入れたファッションのほうがセンスの良さは光るわ。でもねぇ、何もかも最先端にしてしまうとちょっと婚活の場では浮いてしまう危険性大よ。今年で言えばプーティやオジサン靴が流行っているようだけど、あれを上手に履きこなしている人は少ない。

 

 

・コスプレ系ファッション
そのまんまコスプレの人はさすがにいないみたいだけど、時々見かけるのが微妙にロリータ。微妙にゴシック。微妙にコスプレ系って感じの女子。個性的なファッションは趣味としては大いに楽しんで欲しいけど、結婚相手を探そうっていう場面ではあんまり有効な手段ではないのよ。
・全くかまっていない……おばちゃんスタイル
たまぁ~にいるみたいだけど、ファッションに全く興味がないのか、いかにもスーパーで購入したTシャツにストライプのスエット生地のスカート合わせてキャンバス地のバッグ抱えていたりね。黄色いブラウスに青っぽいスカートとか、どう見ても合わないものを取り合わせていたり。もしファッションに興味がないにしても、とりあえず清潔感のあるごく普通の格好はしましょうよ。

ファッションは本来自分で楽しむものだから、本当は好きなモノを好きなように着ていいのよ。
でも婚活は「男性ウケのよいファッション」をするのが成功する秘訣でもあるから、ちょっとここは考え方を変えてみて。
自分がどう見えるか、どう見せたいかと常に頭に入れてファッションを選んで欲しいわね。